お知らせお知らせ

神殿の獣神    海道貴哉

  • 16,200円(税込)

商品説明

神殿に覆いかぶさるように大きな鉤ヅメの足を持ちあげる「神殿の獣神」。神殿は深い森の中なのか、それとも砂漠の中に忽然と現れるのか?作品を見つめているとパッと情景が開けて、目の前に巨大な獣神が襲いかかってくるような錯覚に陥ります。類稀なる造形作品で不思議世界に誘う海道貴哉作品。作品高30cm弱、全長20cm強。迫力満点のオブジェをそばに置いて不思議世界に旅するのはいかがでしょう。全国に送料無料でお届けするキャンペーン中です。

商品情報について

作家名 海道貴哉 作品名 神殿の獣神
材料 陶器 高さ×幅×長さ 約28cm×12cm×21cm
重量 約1730g 発送元 陶オブジェとポルトガル陶人形の店オラリア
発送方法 ゆうパック他 販売方法 現品

海道貴哉さんからの一言

海道貴哉さんから届いた原文を掲載しています。作品への想いが垣間見えます。 <磯民と魚人のちがいについて>磯民と魚人は、もともと同じ魚人なのですが、魚系は魚人、他の水棲生物系は磯民と分類しています。 <海洋生物へのこだわりについて> 水辺の生き物は、面白い。海で素潜りをすると色々な生き物に出会う。コチラが魚を観ていると向こうも私を観て無言で何かを囁いてくる。(水族館等で魚と目が会うことがあるでしょ?そんな感じ。)そんな生き物達を観ていると なんだか無性に形にしたくなるんだ。 私は、世界各国の遺跡や土着的・プリミティブ・アートが好き。博物館で土偶等を観るとワクワクしてくるんだ。 自分が好きな水辺の生き物や空想の生き物とプリミティブ・アートを融合させて現在創ってる作品になりました。 素材として陶を選んだのは、割れない限り、何世紀経っても形が変わらないのが魅力だからです。 −−−オラリアから 2018.1.26注意情報 当社の写真、商品説明を無断で転載し商品を販売し、また、当社の承諾なく発送元として当社の名前を載せているサイトがあることが判明いたしました。当社が扱っている商品は全て当社のホームページまたは展示会などで直接販売しております。当社の名称を発送元と記載するサイトは、当社とは一切関係ありませんのでご注意ください。 商品サイズ(高さ×幅×奥行)は商品の一番長い部分を手計りしていますので参考値とお考え下さい。−−−